At First 03

100年前から続く挑戦を、100年後も続けていくために。
テルモは、一人ひとりの成長促進と、
働きやすい環境づくりに注力しています。

01

テルモ流 “成長支援”

テルモでは、アソシエイト一人ひとりの成長の総和を企業の成長と捉え、多様な人財が成長し続けられる支援体制を整えています。人財育成は、仕事の実践を通したOJT(On the Job Training)を前提とし、それを補完する役割として各種の研修が構成されています。また、「最大の学習効果は、自ら興味を持ち、学ぶ必要性を感じたときに発揮される」という考え方から、テルモでは多くの研修が自ら立候補して臨む自発的なスタイル(手挙げ、選抜研修)となっています。

PICK UP

SOUL

全職種対象を対象に、2018年スタートした若手早期育成プログラム(SOUL:Selection Of next Universal Leader)です。外部ビジネススクールでのビジネススキルの習得をはじめ、上司・人財開発室によるキャリアに関する面談などを行うほか、チームの中で一定の責任を伴う業務を担当することで、早期育成を促進します。対象となるアソシエイトは入社1年目に選抜され、その後の5年間、当プログラムの対象となります。

MBA

国内・海外のビジネススクールへの派遣制度です。国内は指定の2大学、海外では希望の大学に、授業料を会社負担で通うことが可能です。「もっと成長したい」「夢に向かって挑戦したい」と思っているアソシエイトに活用されています(派遣されるためには、社内の選抜をクリアする必要があります)。

教育プログラムATOM

開発技術者として必要な医学的知識を早期に習得する教育プログラム(ATOM:Advanced Terumo Medical Academy)です。eラーニングを活用した医学教科書の学習、臨床現場で活躍する医師・看護師・薬剤師などを講師とした講演やトレーニング、社内SNSを活用した事業所を超えて実施する医療機器の調査など、必要な知識と柔軟な発想や幅広い人脈づくりを支援します。

Comment

人財開発室
M.Sさん

若手早期人財育成研修(SOUL)の企画運営を担当しています。経営人財を目指している研修参加者のアソシエイトたちは、この研修での学びを活かして他の選抜研修や日々業務でチャレンジしています。

02

テルモ流 “キャリアステップ”

テルモでは入社時の初期配属に関わらず、その後の経験や各々の興味・関心に応じて、自分だけのキャリアパスを自ら作っていくことが可能です。選考時は「開発技術」「企業営業」「SE」の3つのコースと希望する各職種にて選考を行い、合格(内々定)時に初期配属の職種が決まります。また、初期配属後も職種を越えたさまざまなキャリアへの挑戦が可能。アソシエイト一人一人が自身のキャリアを考え、さらに輝けるキャリアを実現することができます。

Comment

Terumo Medical Corporation
PLCM
(Product Life Cycle Management)
Y.Tさん

入社当時からの新商品開発という仕事にやりがいを感じていましたが、実績・経験を積んでいく中で、新たな環境で新しいことにチャレンジしたいと考えるようになりました。上司との面談で自身のキャリアや目標を相談することで、海外赴任というチャンスを得ることができ、新たなキャリアにつながりました。

03

テルモ流 “働き方”

テルモでは、アソシエイト一人ひとりの活躍を企業の持続的な成長の原動力と考え、個々人が能力を最大限に発揮できるよう、働き方改革を推進しています。 労働時間の削減や適正な人事制度の設計に加え、生産性向上を目的に、業務内容やライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を可能にする制度を整えています。

PICK UP

在宅勤務

アソシエイトが育児・介護などの理由で出社困難な日は、自宅勤務も選択できる「在宅勤務制度」を導入しています。全アソシエイトが利用可能で、利用回数の上限も設けていません。また、在宅勤務中の心身面のサポートの為、定期的面談や健康面などの相談窓口(社内外)を設定しています。

フレックス

1カ月ごとに定められた総労働時間の範囲で、アソシエイトが1日の始業・終業時刻、労働時間を柔軟に設定できる制度です。コアタイム(必ず勤務しなければいけない時間帯)は11:00~14:00(休憩1時間含む)で、始業・終業を6:00~22:00の間で設定できます。

キャリアリターン

介護・結婚・出産・育児・配偶者の転勤といったライフイベントのために退職した人が、再びテルモで活躍できよう契約する制度です。採用試験合格後、契約期間1年間の契約社員として採用します。以降の契約は、契約社員としての勤務状況や勤務実績を考慮して決定します(対象となるにはいくつかの条件を満たす必要があります)。

Comment

臨床開発部
クリニカルリサーチ
F.Uさん

私はキャリアリターン制度を利用して4年の休職を経て再就職しました。さまざまな制度が充実し、かつ、周知されているので周囲の理解やサポートが得られやすく、困ったことも上司と相談しながら解決策を見つけることができています。

Recommended Contents